【東京五輪・パラ】聖火リレーの新日程発表 ともに1日前倒しし3・25スタート

2020年09月28日 19時23分

聖火リレーで使われるトーチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、来年夏に延期となった聖火リレーの実施概要を発表した。

 五輪は、来年3月25日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)でスタートし、開会式当日の7月23日まで121日間をかけて全国を回る。基本的に当初の計画は維持されたが、各都道府県の実施日は従来のスケジュールの1日前倒しとなる。

 聖火ランナーは、既にに決定したランナーが優先して走行。候補者が辞退した場合などは、調整をするという。さらに、大会の簡素化に伴い「聖火リレー隊列のスリム化」「グランドスタート、セレブレーションの簡素化」「その他の業務運営内容の効率化」の3点を重点的に行っていく。

 また、パラリンピックも従来のスケジュールから1日前倒し。8月12日から16日にかけて、採火のイベントを競技会場のない43道府県で実施し、17日からは会場がある静岡県、千葉県、埼玉県、東京都で採火とリレーを順次行う。

 五輪聖火の各都道府県の日程は以下の通り。

 福島県 3月25~27日

 栃木県 3月28~29日

 群馬県 3月30~31日

 長野県 4月1~2日

 岐阜県 4月3~4日

 愛知県 4月5~6日

 三重県 4月7~8日

 和歌山県 4月9~10日

 奈良県 4月11~12日

 大阪府 4月13~14日

 徳島県 4月15~16日

 香川県 4月17~18日

 高知県 4月19~20日

 愛媛県 4月21~22日

 大分県 4月13~24日

 宮崎県 4月25~26日

 鹿児島県 4月27~28日

 沖縄県 5月1~2日

 熊本県 5月5~6日

 長崎県 5月7~8日

 佐賀県 5月9~10日

 福岡県 5月11~12日

 山口県 5月13~14日

 島根県 5月15~16日

 広島県 5月17~18日

 岡山県 5月19~20日

 鳥取県 5月21~22日

 兵庫県 5月23~24日

 京都府 5月25~26日

 滋賀県 5月27~28日

 福井県 5月29~30日

 石川県 5月31日~6月1日

 富山県 6月2~3日

 新潟県 6月4~5日

 山形県 6月6~7日

 秋田県 6月8~9日

 青森県 6月10~11日

 北海道 6月13~14日

 岩手県 6月16~18日

 宮城県 6月19~21日

 静岡県 6月23~25日

 山梨県 6月26~27日

 神奈川県 6月2日~30日

 千葉県 7月1~3日

 茨城県 7月4~5日

 埼玉県 7月6~8日

 東京都 7月9~23日