• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 年俸3000万円の山崎武司が8500万円ランボルギーニ購入

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年俸3000万円の山崎武司が8500万円ランボルギーニ購入


 10年ぶりに古巣復帰の中日・山崎武司がキャンプで連日、気合十分の調整を行っている。昨季限りで楽天を戦力外となり、中日に年俸3000万円プラス出来高(推定)で拾ってもらったが、これで満足はしていない。「出来高が1億円を超えるように頑張る」と燃えているのだ。

 これには球界きってのカーマニアとして知られる山崎の“愛車問題”も関係している。「情けない気持ちでランボルギーニに乗りたくないからね」。これまでポルシェやフェラーリなどを乗り継いできた山崎は、昨年3月にスイスのジュネーブ・モーターショーで公開された最高出力700馬力のエンジンを搭載し、時速100キロまでの加速がわずか2・9秒、最高速度350キロを誇るランボルギーニの新モデル「アヴェンタドール」を、ひと目ぼれして購入。オープンカーの「ガヤルドスパイダー」も一緒に発注した。

 それが、ようやく納車されたのは楽天をクビになり、中日入団後の昨年12月末。

「めちゃめちゃテンションが下がった。年俸が3000万円しかないのに、アヴェンタドールは特別にマットブラック(つや消しの黒)に塗装してもらったり、諸経費などもろもろで5000万円、ガヤルドは3500万円した。本当はうれしいはずなのに何をやっているんだと思ったよ」

 

 しかし、落ち込んでばかりもいられない。中日での今季の出来高は打点、得点、出塁数が対象だが、愛車2台分もそれで一気に取り返そうじゃないかと逆に奮い立ったのだ。「アヴェンタドール」は1日2台限定の生産で大量生産できず、現在のところ日本に輸入されたのは10台ほど。「俺のアヴェンタドールは1番ではなかったけど、日本に輸入された第2号なんだ」。プライドをかけた〝ランボルギーニパワー〟で山崎は復活を期す。

 

復活!山本昌あくなき「物欲」

山本昌 自慢の“幻のランボルギーニ”で登場

燃える「ランボルギーニ・おっさんトリオ」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!