【パラリンピック】パラアスリートやパラ応援大使・猪狩ともかが動画メッセージを公開

2020年08月22日 12時24分

猪狩ともか

 パラスポーツの振興に取り組んできた東京都は、24日にパラリンピック開幕1年前を迎えるにあたって「パラアスリート、パラスポーツを応援しよう!」とさまざまな催しを行っている。

 東京都ゆかりのパラアスリート(東京アスリート認定選手)で、パラリンピック出場が内定している選手のうち、アーチェリーの岡崎愛子(34=ベリサーブ)、射撃の水田光夏(22=白寿生科学研究所)、テコンドーの田中光哉(28=ブリストル・マイヤーズスクイブ)ら10選手が、現在の活動状況や大会に向けた思いなどについて語った動画メッセージが公開中だ。

 また、パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会メンバー(パラ応援大使)でタレントの猪狩ともか(28)らが、アスリートへの応援やパラスポーツへの思いなどについて話した動画メッセージも公開されている。

 ほかにもパラスポーツ漫画パネルやパラアスリート写真ポスターの展示(24日スタート)などが開催される。