【パラリンピック】開幕まで1年を前にさまざまなイベントを実施

2020年08月22日 12時14分

スカイツリーが地球をイメージした青色に

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、パラリンピックの開幕1年前を24日に迎えるにあたり、閉幕日となる9月5日までに行う主な取り組みの予定を発表した。

 東京スカイツリーでは、ライトアップを実施。地球をイメージした青色の特別ライティングや、パラリンピックシンボルカラー(赤・青・緑)のライティングを楽しむことができる。

「東京2020公式アートポスターコレクション」第1弾の販売も始まり、オフィシャルショップ等でポスター、Tシャツ、トートバッグなどの購入が可能になる。

 また、デジタルコンテンツとして、パラ競泳で金メダル獲得が期待される木村敬一(29=東京ガス)のアスリートインタビューが、公式ウェブサイトに掲載される。