酒井宏樹にオファー殺到!17億円移籍か

オファー殺到の酒井宏樹(左)

 フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(28)にオファーが殺到している。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」によると、クリスタルパレス(イングランド)はフランスで活躍した酒井宏をリストアップしており、今夏の獲得を目指しているという。他にもブライトン、FW岡崎慎司のレスター(ともにイングランド)が酒井宏に興味を示していると報じた。

 2015年にハノーバー(ドイツ)から加入した酒井宏は大型右サイドバックとして、マルセイユのレギュラーに定着すると、欧州リーグ(EL)でチームのファイナル進出に貢献するなど、存在感を高めていた。

 同紙では、マルセイユ側は昨年10月に契約を更新した酒井宏の移籍金を1200万ポンド(約17億6000万円)に設定しており、ブライトンとレスターは撤退の可能性もあると伝えている。またイングランド勢に加え、ACミラン、インテル、ナポリ(いずれもイタリア)、セビリア(スペイン)が関心を示しており、W杯後に大争奪戦に発展するかもしれない。