ユベントス親会社社員がCロナ獲得に反対しストライキ

イタリア・トリノの繁華街には「ロナウドはトリノを選んだ」と書かれたポスターも(ロイター)

 イタリア1部ユベントスの実質的な親会社で自動車メーカー「フィアット」の従業員がポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(33)の獲得に反発し、ストライキを始めたと、地元紙「コリエレ・デラ・セラ」などが報じた。

 C・ロナウドの獲得に移籍金1億500万ユーロ(約136億5000万円)、年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約と総額2億2500万ユーロ(約292億5000万円)の資金を費やしたことに、フィアット社の労働組合はストライキを宣言し、座り込みや抗議活動を行っているという。

 労働組合は「同じ企業が1人のサッカー選手獲得に何億ユーロも費やす決定を下すのは受け入れ難い」との声明を出した。