トップ > スポーツ > リオ五輪 > 【柔道】女子78キロ級・梅木真美が無念の初戦敗退「まだまだ実力不足」と号泣

【柔道】女子78キロ級・梅木真美が無念の初戦敗退「まだまだ実力不足」と号泣
2016年08月11日 23時55分

ヨー(左)に優勢負けを喫し無念の初戦敗退となった梅木(ロイター)

【ブラジル・リオデジャネイロ11日発】柔道競技6日目、女子78キロ級で昨年の世界選手権女王の梅木真美(21=環太平洋大)が2回戦でヨー(ハンガリー)に優勢負けを喫し、無念の初戦敗退となった。

 動きの硬い梅木は開始早々の16秒でいきなり「指導」を取られる苦しい展開。さらに1分過ぎには2度目の「指導」をもらい、ますます劣勢になった。得意の寝技でも押さえ込みにいけずにいると、相手の足技で「有効」を奪われた。終了間際にも相手の投げ技で「有効」を取られ、完敗を喫した。

 試合後、梅木は号泣しながら「まだまだ実力不足と思います」とコメント。持ち味を出し切れぬまま、悔しい敗戦となった。


 

New Topics


【こんな記事も読まれてます】