東スポWebトップ > スポーツ > ワールドカップ > 長谷部と内田がザッケローニ監督を見送り

長谷部と内田がザッケローニ監督を見送り
2014年07月02日 16時00分

帰国するザッケローニ監督(右)を内田(中)と長谷部が見送った

帰国するザッケローニ監督(右)を内田(中)と長谷部が見送った

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)が1日、母国イタリアへ帰国した。ザッケローニ監督の帰国には、4年をともに過ごした代表スタッフのほか、MF長谷部誠(30=Eフランクフルト)、DF内田篤人(26=シャルケ)がサプライズで見送りに訪れた。

 指揮官は「イエローカードです。すごくうれしい」と目をうるませた。今後については「少し休み、家族と過ごしたい。ただサッカーへの情熱が尽きたわけじゃないので、時間がたったら何かする可能性はある。しかし、引退という選択肢も持っている」と話し、機上の人になった。


 

New Topics