【東京五輪】大会1年前にIOCバッハ会長がコメント「くじけぬ力と希望の象徴に」

2020年07月23日 20時18分

 新型コロナウイルス感染拡大で来年夏に延期となった東京五輪の開催1年前となる23日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)が以下のコメントを寄せた。

 東京2020大会の開催までのわずか1年の間に、我々の目の前にはまだやるべきことが多くあります。安倍晋三首相、組織委員会・森喜朗会長、小池百合子東京都知事をはじめ、日本にいるパートナーでもあり友人でもある、アスリート、すべての夏季五輪国際競技連盟、各国オリンピック委員会、トップスポンサー、ライツホルダーに感謝の気持ちを伝えたいと思います。彼らの結束と支援がなければ、東京2020大会を延期するという歴史的な共同決定は成し得なかったでしょう。

 共同延期決定以来、これまでに行われた大会準備の素晴らしい進捗に深く感銘を受け、感謝しています。

 私たちのミッションを明確に示す独自の精神とメッセージを維持しながら、世界的な危機にも対応できるよう、東京2020大会の計画を適応させることについて合意しました。競技やアスリートについてはこれまでの基本を維持しつつ、運営やサービスの最適化に取り組んでいます。このように我々は組織委とともに、延期された大会を人類の団結と連帯の前例のない祭典とするとともに、くじけぬ力と希望の象徴とすることができます。そして、我々は力を合わせれば、より強くなれることを証明しましょう。