【パラリンピック】トライアスロン強化事業スタート リオ大会6位の秦「みなさんに感謝したい」

2020年07月18日 15時03分

 第1回JTUパラトライアスロン強化事業が5日間(16~20日)の日程で、都内のアシックススポーツコンプレックスほかで行われており、日本トライアスロン連合が、18日にトレーニング動画などをオンライン上で公開した。

 当事業には、女子立位PTS2クラスの秦由加子(39=キヤノンマーケティングジャパン・マーズフラッグ・稲毛インター)ら5選手が参加。選手らはスイムトレーニングやジムトレーニングなどで汗を流している。また、最終日には国立科学スポーツセンター(JISS)でフィットネスチェックを実施予定だという。

 リオ大会で6位入賞を果たした秦は、自粛期間中に自宅でできる限りのトレーニングを積んできたが、他の選手やスタッフとは久々の再会となっただけに「みなさんも元気に、そして私も元気にまたトレーニングをできるのは、本当にたくさんの人の努力と犠牲があるからだと思うので、みなさんに感謝したい」と感慨深げ。今後の大会日程については不透明な部分が多いものの「また世界中の人たちと競い合えるのを楽しみに、私自身ももう一度体を仕上げていきたい」と闘志を燃やす。

 来夏に延期された東京大会に向け、パラトライアスロン界が新たな一歩を踏み出した。