【パラリンピック】「ジャパンパラ競技大会」来年の開催決定

2020年06月29日 20時55分

 日本障がい者スポーツ協会は29日、「ジャパンパラ競技大会」について各競技団体と協議し、4大会(ゴールボール、車いすラグビー、陸上、競泳)を2021年に開催することを発表した。

「ジャパンパラ競技大会」は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年予定されていたボッチャ、車いすラグビー、陸上、水泳の各大会が中止となっていた。

 ゴールボールは2月18~20日(府中市総合体育館)、車いすラグビーは3月18~21日(千葉市・千葉ポートアリーナ)、陸上は4月24、25日(高松市・屋島レクザムフィールド)、水泳は5月21~23日(横浜市・横浜国際プール)に行われる。

 また、これらの大会は東京パラリンピックのテストイベントではないという。