スピードスケート小平奈緒が今年は苦手な地面を走る 「面白さを見出す」

2020年06月23日 17時37分

小平奈緒

 

  スピードスケートの平昌五輪金メダリストの小平奈緒(34)が23日、ツイッターを更新。この夏以降の目標を投稿した。

 それは地面を楽しく走る、ということ。実は小平は地面を走るのが得意ではないという。

 小平はグラウンドに投げ出した両足の写真を掲載し「滑らない地面を捉えるのが苦手で、走ることが好きになれない氷上人間である私が、今年は走ること(正確には走ることで得られる感覚)に面白さを見出だして走っております‍(速いかどうかは一旦置いておきましょう)」とつづっている。