日本外国特派員協会が「コロナエンブレム」掲載を取り下げ謝罪

2020年05月22日 12時00分

 大会組織委員会は、日本外国特派員協会(FCCJ)が東京五輪大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインを月刊誌4月号の表紙に掲載したことに「誠に遺憾」と猛反発していたが、掲載を取り下げて謝罪したFCCJに対して武藤事務総長は「我々が望んだことであり、適切な判断をいただいた」と述べた。

 組織委は当初、著作権侵害を訴えていたが、撤回と謝罪を受けて「問題はこれで終わったと理解している」と法的措置は取らない意向。FCCJのホームページからは問題の表紙は削除された。法曹界で「商標と著作権への厳しさはディズニー社以上」と言われる大会組織委の“執念”が実った形だ。