池谷幸雄「ユーチューブ体操倶楽部」開設 外出自粛の子供達を救いたい

2020年03月27日 16時40分

五輪メダリストでタレントの池谷幸雄氏

 五輪メダリストでタレントの池谷幸雄(49)がユーチューバーとなってひと肌脱ぐ。新型コロナウイルスのオーバーシュート(爆発的感染拡大)が懸念される中、東京都をはじめ関東各県でも今週末の外出自粛が要請された。やむを得ない措置だが、問題なのはこのような状況がいつまで続くか見通せないこと。特に心配なのは子供たちだ。

「今週末だけではなく、今後も家にいることが増えることでしょう。当然、運動不足になりがち。そこで池谷が、急きょ26日にユーチューブチャンネルを開設して、自宅のリビングなどでできる体操をレクチャーすることになったのです」とは事務所関係者。

 池谷といえば、1988年ソウル五輪、92年のバルセロナ五輪で複数のメダルを獲得した。現役引退後は、タレント活動の傍ら、池谷幸雄体操倶楽部を20年間主宰。リオ五輪体操女子日本代表の村上茉愛ほか、延べ10万人の子供たちを教えてきた。

 そのノウハウを生かし、柔軟運動や親子で楽しめる体操をユーチューブチャンネル「池谷幸雄体操倶楽部【IGC】」にアップする。

「以前、カジサック(梶原雄太)のユーチューブチャンネルに出演して、梶原の子供たちに体操を教えて好評だった」(同)という。

 池谷は「自宅待機を余儀なくされているご家庭のために、いろいろな体の動かし方や、技・練習の仕方をわかりやすくお届けしたい」と意気込んでいる。

 IT関係者は「今回の新型コロナの影響でテレワークに切り替えた企業が少なくありません。池谷さんの試みもいわば“習い事のテレワーク”。5Gが始まるタイミングでもあり、これを機にネット社会がさらに加速するでしょう」と話す。

 他のユーチューバーとのコラボも計画しており、新しい体操ブームがやって来るかも。