【スノボ】USオープン優勝の戸塚優斗「世界で戦えている」

2020年03月19日 17時36分

笑顔を見せる戸塚

 スノーボードのUSオープン男子ハーフパイプで初優勝した戸塚優斗(18=ヨネックス)が19日、都内で会見を行い世界との“距離感”に自信を見せた。

 1982年から続く最高峰の大会で日本勢としては五輪2大会連続銀メダリストの平野歩夢(21=木下グループ)以来、2大会ぶりの制覇。過去2回は負傷欠場、3位だったが“三度目の正直”に「自分の中で大会が身近なものになった感じがした。今までは遠い世界だったけど、今はそこで自分も戦えているんだなと。うれしい」と振り返った。

 平昌五輪、初のUSオープンと度重なるケガで「練習するときもめちゃくちゃ怖くてビビりながらやった」と一時は恐怖心が消えなかったという。それでも精神面の成長を実感。2年後の北京五輪に向けて「技が偏りがちなのでそこをバランスよく練習していきたい」と力強く語った。