米4大スポーツにも「無観客開催」が波及

2020年03月11日 16時40分

【スポーツ情報局】バスケットボール担当記者 新型コロナの影響が世界中に及んでいますが、無観客開催は米4大スポーツにも波及するかもしれません。

 デスク:プロバスケットボールNBAが無観客試合を検討と報じられたことに対して、レイカーズのレブロン・ジェームズ(35)が「それなら試合に出ない」と猛反発したけど、とうとう決まったか?

 記者:NBAは11日にチームのオーナーを交えて今後の方策を議論するそうですが、正式な発表はまだ何もしていません。無観客の可能性が出てきたのはプロアイスホッケーのNHLです。

 デスク:バスケと同じ室内競技だから感染リスクが高いということか?

 記者:スポーツ専門局「ESPN」によると、カリフォルニア州のサンタクララ郡が「1000人超のイベントを3月いっぱい禁止する」と発表したことで「NHLのサンノゼ・シャークスがその影響を受ける」と報じています。

 デスク:リーグじゃなくて、行政がストップをかけたということか。

 記者:シャークスは今月の11日から17日にかけてアウェー4連戦ですが、19、21、29日の3試合がサンノゼでホームゲームが組まれていて「無観客」「アウェー戦にする」「中立地で開催」の3択で検討されているそうです。アメフトのNFLはシーズンが終了しましたが、野球のMLBとサッカーのMLSを含めた米プロスポーツ界では、試合前後にメディアがロッカールームやクラブハウスに入ることを禁止、取材時は6フィート(約1・8メートル)離れるようにとのルールをつくったりと、感染拡大予防策が本格化してきました。

 デスク:まあ、かの国は大統領が再選目指して、何を言いだすかわからない状況ではあるけどな…。