ノルディック複合の渡部がネット通販サギ被害

2013年08月21日 16時00分

ネット通販サギにあったことを告白した渡部

 トホホ…。ノルディックスキー・コンバインド(複合)日本代表でソチ五輪金メダル候補の渡部暁斗(25=北野建設)が、サマーグランプリ参戦のため、欧州に出発する成田空港で意外なトラブルに巻き込まれたことを告白した。

 

「ネットショッピングの怖さを体感したって感じですね。変な帽子が手元にあるんですよ。頼んだのと違う帽子が…」。

 

 渡部によると、ソチ五輪へ向け、国内外で調整を続ける代表チームでは今年に入って何度か選手ミーティングを実施。これまで代表には共通アイテムがなかったため、同じ帽子をかぶり、日本の「団結」をアピールすることになった。その帽子の発注などを渡部が任された。

 

 そこでインターネットを駆使し、無地の帽子10個を注文。商品の到着後は知人に頼み、刺しゅうを入れてもらうはずだった。先日、ようやく届いた荷物を開けてみるとびっくり。なぜかヒョウ柄やベースボールキャップのような柄の帽子ばかり。まるで“在庫処分市”だったという。

 

 予想外の商品にぼう然とする渡部は、すぐに販売元に連絡し、帽子の交換を要求。ただ供給元が中国の会社のため、交渉は難航している。

 

 本来であれば、すでに刺しゅうも施され、今遠征でお披露目しているはずだったが、予期せぬ“サギ被害”で「団結」アピール計画は暗礁に乗り上げてしまった。