リーチ・マイケルら新国立競技場でファンに改めて感謝

2019年12月21日 22時53分

左から中村亮士、リーチ・マイケル、田中史朗

 国立競技場のオープニングイベント(21日)のスポーツパートでのトークショーにラグビー日本代表のリーチ・マイケル(31=東芝)、田中史明(34=キャノン)、中村亮土(28=サントリー)が参加した。

 悲願の8強進出を果たし、日本中が歓喜したW杯から約2か月。リーチが「皆さんのおかげでベスト8に進出できました」と言えば。田中も「自分たちの力だけじゃない。皆さんの応援が力になりました」と感謝の言葉を口にした。

 ただ、南アフリカ戦では自分たちの戦いができず、悔しさも味わった。3人の中で最年少の中村は「チームが解散するのは寂しい。これ以上強いチームをつくりたい」と意気込んだ。

 また、途中からトークに参加したサッカー元日本代表FWの三浦知良(52=横浜FC)は、実際にスコットランド戦を観戦していたことを明かし「一試合一試合勝っていくのは大変なのに、最高のパフォーマンスを出せるのはすごい」と絶賛。さらに、リーチを「縁の下の力持ちだと思う」と褒めると、リーチは思わず笑みを浮かべた。