新生テコンドーを応援する会発足 金原会長「お茶くみから」出直し!?

2019年12月07日 16時30分

新会長に就任する木村氏(左)は金原会長(右)と握手。中央は検証委員会の境田正樹委員長

 不祥事は起こしたほうがお得? 川淵三郎氏(83)らが代表発起人となった「新生テコンドーを応援する会」が“華々しく”スタートを切った。

 発起人である遠藤利明元五輪相(69)や馳浩元文部科学相(58)らそうそうたるメンバーが約100人も集まった。川淵氏は「弱小競技団体がこれを見たら不祥事を起こしたほうが、多くの方が応援してくれると思ってしまわないか心配」とあいさつするほどの盛況ぶりだ。

 これには会場に姿を見せた金原昇会長(65)も驚きの表情。すでに退任が決まっているが「このような素晴らしい会をつくっていただき感無量。他団体からクレームが来るのではないか。私も一会員としてお茶くみからやりたい」と誓いを述べた。

 新会長には日本卓球協会名誉副会長の木村興治氏(78)が就任する。「応援する会」という強力な後ろ盾を得たテコンドー協会に日本中から注目が集まりそうだ。

【関連記事】