東京五輪聖火リレー 火が消えたらどうなるの?

2019年11月12日 16時30分

聖火ランナーの発表会で(左から)組織委の森喜朗会長、EXILEのHIRO、野口さん、野村氏

 五輪に欠かせない儀式といえば聖火リレー。2020年東京五輪の「最終ランナーは誰か?」が最大の焦点だが、トップランナーはすでに公表されている。

 来年3月12日、古代五輪発祥の地・オリンピア市で行われる伝統的な「採火式」。この儀式の直後、日本人走者1号として走るのが2004年アテネ五輪マラソン女子金メダルの野口みずきさん(41)だ。また、聖火リレー公式アンバサダーで五輪柔道男子3連覇の野村忠宏氏(44)、五輪レスリング女子3連覇の吉田沙保里(37)は同19日にアテネで行われる聖火引継式前に走る。超豪華な「アテネ五輪金メダルトリオ」が思い出の地に集結することになる。

 この後、吉田と野村氏は聖火特別輸送機に乗り込んで聖火を日本へ届ける。吉田は「無事に日本へ運べるように」と言うが、仮に途中で消えたらどうなるのか?

 大会関係者にぶつけると「聖火をともしたランタンを座席に固定して運搬する」。ランタンの燃料を調節するなど「消えない工夫をたくさん施す」というが、万が一も考えられる。そのため複数のランタンを準備して“予備聖火”も一緒に運搬するという。もちろん、これらはすべて採火式で採った火。ソチ五輪では聖火が消えた際に大会スタッフがライターで再び火をつけて問題になったように、たとえ予備でも聖火はギリシャで採った火でないといけない不文律があるのだ。

 ちなみに採火式は古代の衣装に身を包んだ巫女が、凹面鏡で太陽光を集めて聖火を採取する儀式だ。特定の関係者のみで行われるクローズな式典だが、仮に雨だった場合は「リハーサルで採った火を使う」という。