テコンドー理事会で緊急事態! 選手ファーストの女性理事が救急車で搬送

2019年10月08日 19時50分

高橋美穂理事を乗せた救急車を撮影する報道陣

 東京五輪代表候補選手の合宿ボイコット騒動など大揺れの全日本テコンドー協会は8日、都内で理事会を開催。対立する選手側と協会側が顔を合わせた1日の協議会では、「強化委員会の解体」「理事会解散」を求める声も出て大紛糾したが、この日も理事会は予定時間を大幅に超える大激論となった。

 そんな中、午後7時前に緊急事態が発生した。かねて選手ファーストの姿勢を貫き、協会と闘ってきたアスリート委員長でバルセロナ五輪代表の高橋美穂理事が会議中に倒れたのだ。担架が運ばれて応急処置が施され、周囲は騒然。シドニー五輪銅メダリストの岡本依子副会長(48)らは心配した表情で見つめた。

 高橋理事は救急車で搬送されたが、病状は明らかになっていない。