新体操フェアリージャパンが“変身”令和メークで演技調和力に磨き?

2019年06月01日 16時30分

熨斗谷(のしたに)さくら(左)と杉本が新時代を意識した新メークを披露

“令和スタイル”で世界に挑む。新体操日本代表のフェアリージャパンPOLAが31日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで新メーク発表会を開いた。

 今回は「調和」がテーマ。団体ではチーム力の高さ、個人ではさまざまな表情で豊かな表現力を持つ日本の強みを示すとして採用された。英訳すると令和の意味にもつながることから、口元には梅の花をイメージした「梅色リップ」が施されることになった。

 メーク開発を担当した桝浩史美容コーチは、注力したリップについて「今まで華やかさやインパクトの強さを赤で表現してきて、その中でも青みがかった赤をつくっていた。でも今回はピンクを入れたことで、肌になじみやすくバランスが取りやすくなった」。目元に関しても「ブラウン系のアイシャドーを入れることで調和が取れる」と自信を見せた。

 顔のパーツごとによる主張を抑えた新メークに主将の杉本早裕吏(23=トヨタ自動車)は「口元が日本人に合っている色で、すごく好きな色なので(演技のとき)顔全体を見ていただけたら」と満足げ。ただ、メークに慣れると自己流に走ってしまう選手もいるため「(団体は)“5つ子”にしないといけない。揃えるのは難しいので、互いに見合って直したりします」と気を引き締めた。

 9月に開幕する世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)に向けて「総合3位に入って来年の東京五輪の枠を獲得する目標があるので、一人ひとりが自信を持って臨めるように練習を大切にやっていきたい」(杉本)。

 普段から30分程度要する顔づくりだが、桝コーチによれば「慣れれば5~10分でできる」と“時短変身”も期待できる令和メーク。演技の調和力に磨きはかかるか。