五輪チケット抽選申し込み終了もまだある混乱要因 結果通知に一括払い

2019年05月30日 16時30分

五輪チケット抽選開始時にPRするBMXの中村輪夢と渡辺直美(右から)。左は大橋未歩

 チケット購入のバタバタはまだこれから!? 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、チケット販売の抽選申し込み受け付け終了に伴い、都内で報告を行った。当初の締め切りは28日午後11時59分だったが「アクセス集中が見込まれるため」として半日間、延長された。

 この延長により、29日午前2時ごろまでの間に申し込みが重複する事態が発生。組織委担当者は「延長の設定にミスがあった。(午前)2時43分に修正して解消した」と説明したが、その数は約1000件。重複者には購入の意思確認をし、組織委のほうで修正作業を行うという。

 それでもチケット担当者は「全体的には大きな混乱もなく、ほぼ想定の範囲内で終了した」と話したが、今後の懸念は6月20日の抽選結果の発表だろう。組織委はメールで当落を発表し、その際にURL(アドレス)は貼り付けないという。逆にURLのある当選メールは不正サイトに誘導する違法なものとなる。詐欺に遭わないためにも注意が必要だ。

 また当選した場合、チケット代は一括払い。総額が30万円未満ならコンビニ決済可能だが、30万円以上だと現金ではなくクレジットカード払いが原則になる。ただカードには限度額があり、それを超えての支払いは不可能なため、7月2日午後11時59分の購入手続き締め切りまでに確認が求められる。

 さらに秋以降にチケットの先着販売も開始される。抽選販売では累計アクセスが約2425万件にも上っただけに、先着となれば、さらなるアクセス集中で大混乱は必至。担当者は「今回の経験を踏まえて受け付け方法を検討したい」としたが、果たしてどうなることやら…。