スノーボード五輪2大会連続銀メダルの平野 スケートボード日本選手権初優勝 で「夏冬五輪出場」へ一歩前進

2019年05月13日 16時30分

 世界レベルでの勝算はいかに? 2020年東京五輪の追加競技として採用されたスケートボードの日本選手権最終日(12日、新潟・村上市スケートパーク)、パーク男子決勝はスノーボード・ハーフパイプで五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(20=木下グループ)が65・7点で初優勝。同時に日本ローラースポーツ連盟の強化指定選手に選出された。日本選手5人目の「夏冬五輪出場」に向けてまた一歩前進したが、まだまだ強化すべきポイントもあるという。

 準決勝と同じく40秒のラン3本の中から最も高いスコアを採用するルールで行われ、平野は1本目で最高得点をマーク。「(優勝する)想像はまったくしていなかった。スノーボードでも日本で一番になることは大変。どの競技でもそうだけど、こうやって結果を残せるとは思いもしなかった」。淡々と振り返りながらも重圧から解放され、内心はホッとしたに違いない。

 前例のないスノーボードとスケートボードでの夏冬五輪出場。それが、フタを開けてみれば3月16日の日本オープンで3位に入り、今大会の優勝で強化選手に選出された。今大会では昨年のアジア大会金メダリストで日本オープンを制した強敵の笹岡健介(20=Proshop Bells)も3位に退けた。今後はいよいよ来年の五輪出場に向けて、海外ツアーなどの選考レースに挑む。東京五輪では“夏冬メダル”も見えてきそうだが、世界のトップクラスと戦うにはまだまだ課題があるという。

 そもそもパーク種目では平野がハーフパイプで得意としていた「エアの高さ」は評価されるものの、それだけでは世界のトップクラスに近づくことは難しい。「“高さ”や“跳び”ばかりではダメなのが、スケートボードのポイントの基準。コーピング(コースのエッジにつけられた金属部分)を今と違う技でチェンジしたり、もっと細かい部分ができれば」(平野)。また、日本ローラースポーツ連盟関係者も「パークなんだけど、ストリート種目のような技術も取り入れないと、上には行けない。そこは彼の課題」と指摘した。

 一方、日本代表の西川隆監督(53)は「まだ練習が足りていないと思う。海外でのトレーニングや海外の選手と一緒になって大会に出ることが大事。『見る』のと『一緒にやる』というのは全然違うので」。スケートボードへ本格的に転向して日が浅いため、国際舞台での経験値が必要だという。これは平野自身も理解しており「滑っている期間はみんなより少ない。海外の人たちとやってもまだまだ差が出ると思う」と話す。

 平野の父で日本スケートボーディング連盟の副代表理事を務める英功氏は「(強化選手に選ばれたことに)ビックリしているし、驚かされますよね」としつつ、現状については「世界のレベルだったり、まだまだいろんなことを勉強しないといけない段階。今日からスタートといったところではないか」とあくまで冷静に見守っている。

 それでも平野は「これからは東京五輪に向けてのチャレンジ。一歩進めた実感はある」ときっぱり。夏季と冬季の五輪でメダル獲得となれば、もちろん日本初の大偉業。今大会の優勝は歴史的な一歩になるのか、注目が集まる。

関連タグ: