Bリーグ チャンピオンシップに向けて早くも火花

2019年04月22日 19時51分

BリーグがCSに向けて会見

 プロバスケットのBリーグは22日、今季の成績上位8チームが出場して26日から始まるチャンピオンシップ(CS)の概要発表会見を行った。

 CSは1回戦と準決勝は成績上位チームのホームで開催され、2戦戦勝方式。プロスポーツでは「令和」初となる日本一チームを決める一発勝負のファイナル(決勝)は、5月11日に横浜アリーナで開催される。

 1回戦では、リーグ戦で52勝8敗の史上最高勝率を記録した千葉ジェッツと、初めてCSに出場する富山グラウジーズが対戦する。

 会見に出席した千葉のエース・富樫勇樹(25)が「8回しか負けなかった自信をCSに持ち込んで、去年の(ファイナルで負けた)悔しさを晴らしたい」と言えば、富山の大塚裕士(31)は「2年連続でB2(2部)とのプレーオフだったのが、選手や監督、フロントも代わってCSに出ることができた」と残留争いの常連だったチームが最強チームに全力でぶつかることを誓った。