走り高跳び・戸辺直人 世界ランク7位に「もう少し上がると思う」

2019年02月27日 12時51分

練習を公開した戸辺

 陸上男子走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(26=つくばツインピークス)が27日、東京都内の「味の素ナショナルトレーニングセンター」(NTC)で練習を公開。最大2メートル20の跳躍を披露し「踏み切りの位置や空中での入り方などを調整してやった。この気温(8度)で跳べたのは僕の中では上々かなと思う」と手応えを語った。

 2日の室内ツアー第2戦(カールスルーエ)で、13年ぶりの日本記録更新となる2メートル35を記録し、3連勝をマーク。26日から導入された個人種目の世界ランキング制度で7位にランクインした。戸辺は「記録だけでは評価されないので、選手としては自分が今何位なのか情報を収集することが非常に大事。ただ、確認したら(20日の)デュッセルドルフの試合が含まれていなかったので、もう少し順位は上がると思う」と冷静に分析した。

 現状に満足するつもりはない。2メートル40を目標に「競技者の集大成として迎えたい」と来年の東京五輪を見据えた。