宮川紗江 塚原夫妻の「無罪」に「色々と複雑な心境」も前を向く

2018年12月11日 08時54分

宮川紗江

 リオ五輪女子代表の宮川紗江(19=高須クリニック)が10日、ツイッターを更新し、複雑な心境をのぞかせた。

 塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)からパワハラを受けたとして告発したものの、協会は同日、第三者委員会の調査結果を受け、パワハラの事実はなかったと結論づけた。「無罪」となった塚原夫妻は一時職務停止処分を解除された。

 宮川は「色々と複雑な心境もありますが、沢山の支えでこれからも頑張っていけそうです」と釈然としない思いを示唆しつつ、前を向いた。

「12月より徳洲会体操クラブさんから練習場所の提供をしてもらえる事が決まりました。高須院長はじめ徳洲会体操クラブさんに感謝してこれから頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします」と周囲のサポートに感謝し、新たな環境で強化に励むことを表明した。