体操の塚原夫妻 パワハラ行為認められず職務停止解除

2018年12月10日 21時21分

会見する山本専務理事

 日本体操協会は10日、塚原千恵子女子強化本部長(71)と塚原光男副会長(70)が、リオ五輪代表の宮川紗江(19=高須クリニック)からパワハラを告発された問題に関する臨時理事会を都内で開催。報告会見で山本宜史専務理事(54)は、塚原夫妻による宮川選手への行為について「パワーハラスメントではなかった」と理事会の結論を語った。

 事の発端は8月に行われた宮川の記者会見。自身に暴力を振るった速見佑斗コーチ(35)が無期限の登録抹消処分を下されたことに関して、同コーチの処分軽減を求めた上で、塚原夫妻に「あのコーチはダメ」などと圧力を受け、パワハラ行為があったと告発した。これを受けた塚原夫妻は主張の一部を否定したため、協会は9月に第三者委員会を設置。結論が出るまで塚原夫妻を一時職務停止にしていた。

 同委員会は9月10日から11月25日までの間、各種資料の検討、現地調査、25人に対するヒアリングを実施し、6日に同協会宛てに調査報告書を提出した。

 会見で山本専務理事は「一連の協会の行為や強化本部長の塚原千恵子氏の言動が、宮川選手と速見コーチを不当に引き離そうとしたパワハラ行為である旨を記者会見でも述べているが、引き離し行為は認められない」と説明。また、今年7月15日の代表合宿における宮川選手への塚原夫妻の行為についても「行為状況、行為態様、行為内容は配慮に欠けた不適切な点が多々あったとはいえ、悪性度の高い否定的な評価に値する行為とまでは客観的に評価できない」とパワハラ認定しないことを明かした。

 なお、塚原夫妻に関しては「一時職務停止を解除して職務復帰とする」と語った。