桃田賢斗「来年も感謝の気持ちを忘れず」さらなる飛躍誓う

2018年12月03日 20時13分

左から桃田賢斗、西野朗氏、畑岡奈紗

「FOR ALL 2018」表彰式が3日、都内のホテルで行われ、前日(2日)のバドミントン全日本総合選手権で、男子シングルスで3年ぶりの優勝を飾った桃田賢斗(24=NTT東日本)がグランプリに選ばれた。

 スポーツを通じて社会貢献に寄与し、日本を元気づける働きをした者に贈られる同賞に桃田は「このような素晴らしい賞を頂けて大変光栄。来年も感謝の気持ちを忘れず、一歩一歩進んでいきたい」と謙虚に語った。

 表彰式には同じくグランプリ受賞者のサッカー日本代表前監督の西野朗氏(63)と女子プロゴルファーの畑岡奈紗(19)も出席した。