日本体操協会・塚原光男副会長はJOC総務本部常任委員会に姿見せず

2018年09月13日 16時30分

塚原光男副会長

 日本体操協会の塚原光男副会長(70)は12日、東京都内で行われた日本オリンピック委員会(JOC)の総務本部常任委員会を欠席した。

 JOCの理事を務め、総務本部の副本部長を務める塚原副会長だが、予定の時間に姿を見せなかった。関係者によれば「大会と重ならなければ出席率は良かった」。リオ五輪女子代表の宮川紗江(19)から、妻の千恵子女子強化本部長(71)とともにパワハラを受けたと告発された問題の影響を考慮した可能性もある。

 JOC幹部は委員会の中身について「体操に関しては議論になりませんでした」。塚原副会長は来年6月にJOC理事の定年を迎える。第三者委員会の調査の結果によっては、その動向も注目される。

 また、千恵子女子強化本部長がパワハラの告発を受けて一時職務停止となったことを受け、10月25日開幕の世界選手権(ドーハ)は1996年アトランタ五輪男子代表の田中光氏(46)が女子代表を代行指揮する。