【アジア大会】自転車・男子チームスプリントが銅メダル 新田「いい大会になった」

2018年08月28日 16時18分

チームスプリントで銅メダルを獲得した(左から)新田祐大、深谷知広、雨谷一樹(C)2018 JCF

【インドネシア・ジャカルタ27日発】ジャカルタ・アジア大会第10日に行われた自転車トラック競技の男子チームスプリントで、日本が銅メダルを獲得した。雨谷一樹(一般社団法人日本競輪選手会栃木支部)、新田祐大(一般社団法人日本競輪選手会福島支部)、深谷知広(一般社団法人日本競輪選手会愛知支部)の日本チームは予選4位で3―4位決定戦へと進み、43秒899のタイムで韓国を下した。このタイムは当大会トップで、大会記録だった。優勝は中国で2位はマレーシア。

 女子チームスプリントは前田佳代乃(京都府自転車競技連盟)と太田りゆ(一般社団法人日本競輪選手会埼玉支部)が出走し、予選4位で3―4位決定戦に進んだが、韓国に破れ4位だった。優勝は中国。

 雨谷「予選ではミスをしてしまったが、3―4位決定戦ではいつもの走りができたので良かったと思う」

 新田「予選で自分と深谷が自己ベストを出すことができた。ミスがあったものの3―4位決定戦に出ることができたので、タイムを出すことを目標に走り、全体で一番いいタイムを出すことができた。直前の落車で治療や調整をしながら大会を迎えたが、万全の状態にしてもらい、それが高いモチベーションにもつながった。きのうから体はいい状態になり、今日も走るのが楽しみで、思った以上の成績が出た。とてもいい大会になった」

 深谷「予選は残念だった。チームワークのバランスが崩れてしまったことが原因。しかし、決定戦ではしっかりと力を出すことができた。予選と決定戦でタイムが落ちてしまっているので、2本目にタイムを上げていくことを今後の課題にしたい」