【東京五輪】顔認証システムは厚化粧もプチ整形もOK

2018年08月08日 16時30分

最先端技術でなりすましもブロック

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会とNECは7日、東京大会の会場入場時における顔認証システム採用の合同記者発表を都内で行った。

 組織委は今大会でさまざまなセキュリティー対策を講じるが、その一つが五輪で初めて導入される顔認証システムだ。事前に顔情報を登録し、入場時に自動的に本人であることを照合することで、なりすましを防ぐ。

 組織委の警備局長・岩下剛氏は「大会関係者は重要施設に立ち入るため、より高いセキュリティーが必要だった。またスムーズな入場も期待できる」と意義を強調した。

 対象になるのは選手、スタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人。事前に顔写真を登録しない一般客には適用されない。

 今回、採用されるNECの顔認証技術は、すさまじいものだ。160万件のデータベースから検索にかかる時間は、わずか0・3秒。認識率は何と99%以上に上る。米国国立標準技術研究所が実施したテストでは、4回連続で世界第1位の評価を獲得した。

「今大会には大規模な人数の人が訪れます。もちろん、テロ対策は重要です。安心安全な環境づくりで大会に貢献したい」とはNEC執行役員の菅沼正明氏。

 とはいえ、世界が注目する晴れ舞台で、ついついメークに力が入ってしまって厚化粧なんてこともあり得る。中には整形する者もゼロではないだろう。影響は出ないのだろうか?

 別のNEC関係者は「安心してください(笑い)。具体的な技術はオープンにできませんが、顔の数百の特徴を複合的に見るので、厚化粧での影響はゼロです。整形したとしても、よっぽど顔を変えない限り認識できます。サングラスやマスクはNGですけどね」とのこと。

 選手はバッチリメークで本番に臨むことが可能だ。