【バドミントン】世界選手権日本人初金メダル・桃田が狙う究極ベビーフェース

2018年08月07日 16時30分

帰国して会見に臨む桃田

 バドミントン世界選手権(中国・南京)の男子シングルスで日本初の金メダルに輝いた桃田賢斗(23=NTT東日本)が次なる野望を明かした。次戦はジャカルタ・アジア大会(18日開幕)で個人戦と団体戦に出場する。2年後の東京五輪まで「一戦集中」の構えを示したが、名実ともに業界の顔も目指していくという。

 6日、羽田空港に帰国して会見に出席した桃田は激闘の疲れも見せず、爽やかな笑みを振りまいた。2020年東京五輪での活躍を期待する声が多い中で、本人は至って冷静。「一戦一戦、全力で戦うことが責任だと思っている」と足元を見つめた。

 アジア大会は世界王者として迎える最初の大会だ。「世界チャンピオンとして簡単に負けてはいけない」と自覚をのぞかせる一方で、戦略の転換を示唆した。世界選手権では守備的な戦いが目立ったが、初日にスマッシュが打てないほど腹筋を痛めていたという。アジア大会は「ディフェンスは世界で通用する。次はアタック面」と話し、もともとの持ち味である攻撃力を前面に出して頂点を狙う姿勢を示した。

 その一方で、胸に秘めていたもう一つの目標も告白した。「誰からも応援されるような、愛されるようなプレーヤーになりたい」。闇カジノ店への出入りが発覚し、無期限出場停止処分を受けた2年前なら、絶対に口にできなかった言葉だ。

 しかし、桃田は若手時代からルックスも兼ね備えた「バドミントン界のホープ」として将来を嘱望されてきた。サウスポーが醸し出す独特の色香もあって、会場では黄色い声援が絶えないのも事実なのだ。

 世界選手権開催中もネット上には「やんちゃな笑顔がたまらない」「優勝の花冠姿かわいい」などと桃田に悩殺される“バド女子”が続出。不祥事にケジメをつけたことでイメージは一新され、桃田自身も「究極のベビーフェース」として業界をけん引していこうというわけだ。

 国内のみならず、世界中から視線を集めていることも「海外のメディアの方に注目してもらえるのもうれしいこと」と歓迎した。「満足することなく、もっともっと上を目指して頑張る」。桃田は強さだけではなく、人気面でもバドミントンの「世界一」を目指していく。