【バドミントン】ナガマツペア41年ぶり金メダル

2018年08月06日 11時30分

金メダルを獲得した永原(左)と松本(AP)

【中国・南京5日発】バドミントンの世界選手権女子ダブルスで初出場の永原和可那(22)、松本麻佑(22)組(北都銀行)が前回銀メダルの福島由紀(25)、広田彩花(24)組(岐阜トリッキーパンダース)に2―1(19―21、21―19、22―20)で逆転勝ちし、この種目の日本勢で1977年第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶりの金メダルを獲得した。

 170センチの永原、177センチの松本の長身ペアが大舞台で躍動した。第3ゲーム、終盤までリードを許し、18―20とマッチポイントを握られたが、驚異の粘りで同点に追いつく。重圧のかかる場面も一球一球に気迫がほとばしり、最後は福島のミスを誘った。

 永原は「開き直って思い切りプレーできた。勝って初めてうれし涙を流せた」と感極まり、表彰台の頂点に立った松本も「一番高いところから景色を見ることはなかなかないので、光栄なことだとかみしめた」と込み上げるものをこらえた。

 北都銀行に入り、ペア結成から5年目。長身を生かすため男子選手のプレーを参考にするなど、研さんを積んできた。一方で日本の女子ダブルスは2大会連続銀メダルのフクヒロ、リオ五輪金メダルの高橋礼華(28)、松友美佐紀(26)組(日本ユニシス)を含め、東京五輪に向け、金メダル候補ペアが乱立。うれしい悲鳴も、国内争いが過熱しそうだ。