ドン山根会長の衝撃発言 新たな恫喝「お前ら殺してしまうぞ!」

2018年08月05日 11時00分

生出演を終え、読売テレビを出る山根会長

 助成金の流用や不正判定などの疑惑に大揺れの日本ボクシング連盟の山根明会長(78)の新たな“恫喝発言”をキャッチした。昨年3月、当時側近だった近畿大学前ボクシング部総監督の澤谷廣典氏(55)が脳梗塞で倒れた際、病院に駆けつけた山根会長は、遅れてやって来た関係者に「お前ら殺してしまうぞ!」と恫喝に及んだというのだ。3日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」に生出演し、元暴力団幹部の実名を挙げ、「脅迫を受けた」などの爆弾発言をした山根会長。関係者らの“暴行疑惑”から、山根会長の“恫喝発言”まで騒動はさらに拡大しそうだ。

 山根会長は当初、3日午前9時から「スッキリ」(日本テレビ系)に出演する予定だったが、大阪府内の指定場所とは違う場所にいたため、報道陣に囲まれて身動きが取れない状態に…。ドタバタの末、読売テレビに場所を変え、同9時40分ごろから生出演した。まずは「全国33都道府県のアマチュアボクシングの方に、おわびを申し上げます。このような事態は、非常に連盟の会長として責任を感じております」と謝罪したが、今回、都道府県ボクシング連盟の幹部や元選手ら関係者333人から、日本オリンピック委員会(JOC)などに出された告発状の中に、2011年の同連盟会長選挙に関わる“暴行疑惑”(編集注)が含まれていることが発覚して騒動は収束する気配すらない。

 そうしたなか、もう一つの“暴行疑惑”と“恫喝発言”について、アマチュアボクシング関係者が本紙に衝撃証言した。

「昨年の3月に岐阜で行われた第28回全国高校ボクシング選抜大会の開催中、佐藤先生が暴行に遭ったんです」

 佐藤先生とは、高体連(全国高等学校体育連盟)の佐藤秀行委員長のこと。現在開催中の高校総体(インターハイ=岐阜市・OKBぎふ清流アリーナ)開会式で、不在の山根会長から「俺が行ってないんだから、あいつも座らせるな」という“遠隔操作”が行われ、主賓席に座らなかったのは本紙既報通りだ。そんな佐藤委員長が暴行の被害者とは穏やかではない。

「佐藤先生は当時、元側近の澤谷さんと高体連関係者のA氏、のちにセクハラ騒動で近大を辞めたB氏と食事をしていた。その時に澤谷さんが脳梗塞で倒れたので、救急車を呼んだんです」(前同)

 救急車にはスペース的に付き添いは1人しか乗り込めなかったため、佐藤委員長とA氏は「搬送先の病院が決まったらすぐに駆けつけるので、必ず連絡してください」と伝え、B氏が同乗した。

 病院に到着すると、B氏は真っ先に山根会長に連絡した。その後、B氏から連絡を受けた2人が病院に駆けつけた時、12人の山根会長一行が先に到着していたという。

 深夜の病室内の待合室で、遅れてきた2人に対して手を出さなかったまでも山根会長は「Bに任せて、ホテルに帰って寝とったんやろ。澤谷を見殺しにする気か」と激怒。さらに「お前ら殺してしまうぞ! はよさっさと帰れ!」などと恫喝まがいの暴言を吐いたというのだ。

「その時に、会長の意をくんだのか連盟理事のC氏が、会長と佐藤先生の間に割って入り、佐藤先生の両肩を勢いよく突き飛ばした。さらに胸ぐらをわしづかみにして何度も振り回す暴行を加えた。佐藤先生は首筋から胸元にかけて、真っ赤に血がにじむほどの擦過傷を負ったそうです」(前同)

 この暴行事件は警察の捜査を経て、その後C氏には起訴猶予処分が下ったという。あくまで暴行をしたのはC氏だが、山根会長に対する忖度も指摘されている。さらなる暴行疑惑に連盟はどう対処するのか。インターハイですがすがしい熱戦を繰り広げる高校生とは対照的に、醜い大人の恥がさらされ続けている。