• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 小川が指摘「個人的な怨念ではないか」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小川が指摘「個人的な怨念ではないか」


 バルセロ五輪柔道銀メダリストの暴走王・小川直也(44)が11日、女子柔道の暴力・パワハラ問題に新たな一石を投じた。小川は園田隆二前監督(39)の体罰騒動が持ち上がった直後に「これはお家騒動だ」と本紙でいち早く、柔道界にはびこる“派閥闘争”の可能性を示した。“情報通”の暴走王が再分析した柔道界の現状とは――。

 ――暴力・パワハラ問題で当初から「これはお家騒動だ」と指摘。現在の状況をどう見るか

 小川:正直、柔道界全体に体罰があったんじゃないかと発展することがマイナス。女子の強化の話であるのに柔道界全体で動いてしまった。

 ――確かに騒動は拡大

 小川:オレも時間かけて自分なりに調べた。男子から言うと、オレの時代の時から体罰はなかった。オレは当時の山下(泰裕)先生とは何回も衝突したけれどね。ほかの解説者が「柔道界は遅れてる」と言ってるけど、遅れてはいない。選手ファーストはオレの時代からあって、その流れは今でも変わっていない。

 ――今回は特殊だというのか

 小川:非常に残念な話だけど、園田前監督が5件の暴力行為とパワハラ行為を犯したという。ただこの5件で、15人もの選手が何らかの体罰やパワハラを受けたわけでしょ。なんかおかしい。15人を並べてボコボコに殴ったのかと思うよね。もちろん、体罰に関してはいかなる体罰も悪い。ただ、園田前監督の評価は15人の中で決められてしまった。100人を超える強化選手の中で何人ぐらい指導についていけなかったのか、オレは聞いてみたい。聞くところによると、何年か前に選手自ら「園田ジャパン」というロゴの入ったTシャツを作ったらしい。選手との距離はそのぐらい近いとオレは見ていた。それがなぜ、こうなってしまったのか…。

 ――選手側は代理人を通じて吉村和郎強化担当理事(61)の責任を追及。園田氏に続き、辞任に追い込まれた

 小川:本当に選手が言ったのか? 選手と吉村先生はそんなに接点がないはずだろ。選手たちが園田前監督についていけないのはわかった。体罰されたんだから。でも、それを任命した人までついていけないって…。なんかそこに政治的な絡みがにおう。おまけに選手はこの段階になっても名前が公表されていない。

 ――名前を公表すべきという声もある

 小川:名前は公表してもいい。署名した選手は「私はこうされました」っていう時期に来てるんじゃないの。仮に一生公表しないって話があったらおかしな話。一人の監督もみんなの前で堂々と(会見)やったんだから、署名した人も堂々とやってもいいんじゃないかと思う。

 ――一方、“女三四郎”山口香氏(48)が告発選手を支援していた

 小川:山口先生は関与した以上、15人を一生かばい続けるべき。言いっ放しではなく、しっかり責任を取ってほしいなと。「私は知らない」ではなく、ここまで表に出てるんだから。確かに派閥闘争はあると思うけれど、オレは、今回そうじゃない…とニラんでる。派閥闘争を超えて、個人的な怨念のようなものがあるような気がしてならないんだよ。過去を見ると、吉村先生と何かあったのかな~と。あくまでオレの推測だけどね。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!