関東学生連盟 反則指示で日大・内田前監督と井上前コーチを除名処分

2018年05月29日 21時23分

内田前監督(右)と井上前コーチ

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、関東学生連盟が29日、都内で臨時理事会を開き、反則を指示したとして日大の内田正人前監督(62)、井上奨前コーチ(30)を「除名」処分にすることを決めた。同連盟の罰則では「除名」は最も重い処分となる。

 また。森琢コーチ(44)は「資格剥奪」(登録の抹消)、悪質タックルを行った宮川泰介選手(20)と、日大アメフット部はチームとして2018年度シーズン終了まで「公式試合の出場資格停止」となった。