日体大 日大の悪質タックル騒動に巻き込まれ異例の声明「誤った誹謗・中傷…」

2018年05月24日 16時02分

 日体大は24日、公式サイトで「日本(にほん)大学アメリカンフットボール部の反則行為に関する件について」と題した声明を発表した。

 関西学院大との定期戦で悪質な反則行為を犯した問題と、その後の内田正人前監督(62)の対応により、日大には一般からの抗議が殺到しているが、この騒動に日体大が巻き込まれていた。

「日本(にほん)大学アメリカンフットボール部の反則行為に関連して、本学(日本体育大学:にっぽんたいいくだいがく)アメリカンフットボール部及び学生に対して、誤った誹謗・中傷を含め、多くの御意見やお問い合わせを戴いております」。一部に「にちだい」と「にったいだい」が誤って認識されているとして“被害”を訴えた。

 もちろん、日体大のアメフット部には全く関係ない話で「本学学生が安心して学生生活を送れるよう、御理解願います」と要望。

 また「なお、本学としても、このようなことがないよう、その指導に努めてまいります」と不祥事防止を徹底する姿勢を示した。