日大アメフット井上コーチ“裏の顔” 内田前監督に逆らえない深い関係とは

2018年05月24日 16時30分

緊急会見に臨んだ内田前監督(右)と井上コーチ

 社会問題化している日大アメリカンフットボール部の「悪質タックル」問題で23日夜、日大の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が都内で緊急記者会見を行い、悪質な反則行為を犯した日大DLの宮川泰介選手(20)への、意図的な反則指示を改めて否定した。“開き直り”とも取れる弁明に終始した井上コーチとはどんな人物なのか。高校時代からの教え子の信頼を裏切る格好となった同コーチの“裏の顔”があらためて注目されている。

 内田前監督と井上コーチの“シナリオ”は一貫していた。反則行為で負傷させた関学大のQB選手に対しては謝罪を繰り返したものの「指導と選手の受け取り方に乖離が起きたことが問題の本質」とした従来の方針は曲げず。「相手のQBを1プレー目でつぶせ」という井上コーチの言葉の意味は「けがをさせろ」という意味ではなく「あくまでルールの中で思い切ったプレーをしろ」という意味だったと口を揃えた。

 その一方、22日の会見で宮川選手が訴えた内田前監督の「やらなきゃ意味ないよ」という発言や、井上コーチの「相手のQBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」の発言など“宮川選手が首脳陣の指示を拡大解釈して個人で暴走した”という結論につながらない決定的なやりとりについては、ことごとく否定した。

 刑事告訴やその後の裁判をにらんでということもあるのだろう。だが、2人が保身のために事実をねじ曲げているのだとしたら、勇気を振り絞って会見に臨んだ宮川選手をバカにしているとしか言いようがない。とくに宮川選手が高校時代から「信頼していた」という井上コーチならなおさらだ。

 そんな井上コーチとはどんな人物なのか。日大関係者によると「井上は内田の懐刀ですよ。井上にはゲイビデオ出演疑惑が持ち上がる騒動(2013年)があったのですが、これを鎮めた上に現職(日大職員)へのあっせんもしてくれた内田には頭が上がらないんですよ」と、井上コーチには内田前監督への忘れられない恩があるという。

 また「井上の父親は飲料や菓子類などを扱う会社を経営しているのですが、その会社の商品も日大の入学式などで配布されるんです。井上はそれだけ日大の上層部とべったりということなんですよ」(別の関係者)との証言も。となれば大学側の意に背いた発言などはできるわけもない。

 そもそも内田前監督と井上コーチは、2人とも日大の付属校である日大豊山高出身。宮川選手もやはり同校出身で、直系の後輩を何でも言うことを聞く“手駒”に育てようという思惑もあったのかもしれない。

 実際、アメフット部に近い日大関係者は「4月末に同部OBと食事をした際『内田が考える次期監督は井上だ』と聞いていましたから、今回の騒動は納得しましたよ」との衝撃事実も明かす。この日の会見で井上コーチはコーチを辞めることを明かしたが、自身の関与が表沙汰にならなければ、内田前監督の後任監督に就任していた可能性もあったのだ。

 内田前監督は約2時間にも及んだ会見の最後で、大学の常務理事の職務を一時停止して謹慎する意向を示したが、その後については日大の第三者委員会の調査結果を待った上で「大学側の判断に任せる」と話した。

 ほとぼりが冷めるのを待って現職復帰に備えるということなのか。日大内部の勢力図の行方とともに、動向が注目される。