【韓国パラダイスシティ・ポーカー大会】滋賀の真下正典さんが優勝「ラッキーでした」

2017年12月17日 12時00分

韓国のポーカー大会で優勝した真下さん

 韓国初の統合型リゾート(IR)施設の「パラダイスシティ」で15日、「PARADAISE CITY POKER CUP」(主催:スポーツニッポン/AJPC ASIAN CIRCUIT実行委員会、後援:東京スポーツ、日刊ゲンダイ、夕刊フジ)が開催された。

 同大会は参加費無料ながら、賞金総額4000万ウォン(約400万円)。参加希望者約1200人から選ばれた150人が同大会に参加した。

 午後1時30分にスタートした試合は、翌日の午前1時まで続いた。11時間半に渡る熱戦を制し優勝したのは、滋賀県の会社員・真下正典さん(49)。試合後は「ポーカー歴は8年。海外のトーナメントに参加するのは初めてです。まさか自分が優勝できるなんて。自分はスキルでは劣っていたが、ラッキーでした」と興奮気味に語った。

 真下さんには、優勝賞金の1500万ウォン(約150万円)が手渡された。