【ガットショット】コンセプトは「明るく・楽しく・初心者に優しい」

2016年08月01日 12時00分

明るい店内ではポーカーの他、ブラックジャックなどが楽しめる
湯島「ガットショット」

 昨年の9月にオープンしたアミューズメントカジノバー「ガットショット(東京・文京区湯島)」は2015年全日本ポーカー選手権(AJPC)シニアチャンピオン・那須雅彦氏プロデュースによるポーカーのできる店だ。

「明るく・楽しく・初心者に優しい」をコンセプトに、店内はゆったりとした温かい雰囲気で居心地がいい。3000円から遊べ、余ったチップは預けて次回引き出して遊べるシステムだ。

 アクセスは、銀座線の上野広小路駅から徒歩1分、大江戸線の上野御徒町駅から徒歩1分、千代田線の湯島駅から徒歩3分、JR御徒町駅から徒歩3分と非常に便利。

 ポーカー初心者には随時「講習会」を開いてくれるから、初めてでも安心して楽しめるのだ。

 ちなみ同店では「東スポカップ」予選を6月19日、7月3日と同24日、8月7日の日曜日に開催する予定だ。

 詳しくは店のホームページ(http://gutshot.tokyo/)を見てほしい。

【店舗】東京都文京区湯島3—39—10第2大和ビル7F TEL03・6803・0016
【営業時間】定休日は月曜日、営業時間は午後7時から午前0時まで。