読モになりたい40代「整形妻」の告白

2012年09月08日 12時00分

【韓国旅行で変身した45歳主婦の場合】

 韓流スターのファンミーティングに出かけた私は、日程を少し延ばして、整形のクリニックをのぞいてみました。本気じゃなかったんだけど、日本では20万円かかる手術が半額の10万円だと聞いてグラリ。たるんだまぶたを少し切って上にあげるだけで、すぐに終わるし傷痕も残らないというので、やっちゃいました。

 術後、ものすごく腫れて心配になりましたが、日程を延ばし、2~3日たつと腫れが引いて、パッチリ二重に変身できました! ただ、今まで奥二重でたるんだ印象だったのに目だけが異様にパッチリしたので、帰国すると家族全員ドン引き(笑い)。でも、不思議なもので、しばらくすると慣れちゃうんですよね、みんな。今では夫も子供も何事もなかったように生活しています。

【彼との浮気に合わせてプチ整形する42歳パート妻の場合】

 浮気している10歳年下の会社員の彼と会う日に合わせて、ヒアルロン酸を入れています。くぼんだ頬とまぶたと鼻、この夏は胸にも注入。「俺がもんで大きくなったんだね」と彼も大喜びです。

 夫ですか? セックスレスなので気付きませんよ。胸に関しては「ちょっと太ったかな」ぐらいでしょうし、顔だって月に1回のレーザーリフトアップの後は腫れているけど、気付いてない。彼とはこの腫れているときは会わないように日程を調整してます。

 それにしても浮気も整形も3年もしてるのに夫は鈍感ですよ。パート代すべてをつぎ込んで、トータルで200万円くらいかかってるのに(笑い)。最近は、「ウチの嫁はほかの奥さんよりも若い」って喜んでます。単純なんだか、アホなんだか…。都合がいいので、このままやり過ごそうと思っています。