「カレーハウス CoCo壱番屋」がカレーショップ顧客満足度ランク1位に

2014年08月26日 17時45分

カレーを食べるトップレスラーの永田裕志さん

 オリコンは26日、オリコン顧客満足度ランキング「カレーショップ部門」を発表した。満足度の総合1位には「カレーハウス CoCo壱番屋」(以下ココイチ)が輝いた。


 オリコンでは「目に見えないサービスを可視化する」をコンセプトに、実際にサービスを利用した人間(回答者数2595サンプル)を対象にした「オリコン顧客満足度ランキング」を2006年から発表している。


 ココイチは「メニューの豊富さ」「おいしさ」「店内の居心地」「料理提供スピード」など12項目の満足度の平均で76・18点と総合1位となった。


 特にココイチの特徴であるトッピングやライスの量、辛さを自分で選べることから「メニューの豊富さ」では唯一80点台を叩き出しており、自由度の高さが顧客の満足につながっている。


 総合2位には関西を中心に店舗展開している「カレーハウス サンマルコ」。ビーフと野菜に20種類のスパイス、フルーツ、ヨーグルトを加えて仕上げたヨーロピアンカレーは「おいしさ」で唯一の80点台を獲得。総合満足度は76・02で1位との差はわずか0・16点しか離れておらず、上位2店で12項目のうち10項目で1位を分け合うなど突出した結果となっている。


 総合3位はソースのかかったカツと付け合わせのキャベツが特徴の金沢カレーを出すチェーン店「カレーのチャンピオン」(72・87点)。以下同4位は「カレーショップ C&C」(71・90)、同5位は「カレーの王様」(71・34)となっている。

 

 ベスト5以外では「料理の提供スピード」部門1位に東京、関西でチェーン展開する「インデアンカレー」が入った。

 

【2014年度 オリコン顧客満足度ランキング カレーショップ部門〈総合〉】
1位:カレーハウス CoCo壱番屋
2位:カレーハウス サンマルコ
3位:カレーのチャンピオン
4位:カレーショップ C&C
5位:カレーの王様