【緊急掲載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ

2014年07月01日 18時51分

 ひとたび主演女優に抜てきされれば、清純派としての将来が約束される――。それがNHKの連続テレビ小説、いわゆる朝ドラだ。実際に歴代朝ドラ女優たちの多くがイメージ通りに活動してきた。そのなかで数少ない例外が遠野なぎこだろう。バラエティー番組では過去の“七股交際”歴をカミングアウトし、自伝的小説では両親からの虐待を赤裸々につづっている。なぜ、今になって? 自らの秘められた過去を暴露した「理由」を、遠野自身が解き明かす。

☆とおの・なぎこ=1979年11月22日生まれ、神奈川県出身。94年「嫁の出る幕」(テレビ朝日系)から「遠野凪子」の芸名で活動。99年、朝ドラ「すずらん」のヒロインに抜てきされ、知名度を高めた。その後はドラマ、映画、舞台の各分野で活躍。2010年5月「遠野なぎこ」に改名。

 

【連載1】真実話すことが騒動の原因になるとは…

【連載2】あの「七股交際」発言の真相は…

【連載3】両親から虐待されていた私に転機が…

【連載4】母に褒めてもらいたくて芸能活動続行

【連載5】家にも学校にも居場所なく不登校に「不倫相手とラブホに行くから」と言う母

【連載6】ようやく一人前…うれしかった芸名決定

【連載7】撮影合間にマネジャーから呼び出し

【連載8】「未成年」収録中に摂食障害→休業へ

【連載9】一人暮らしで「独立」も恋愛依存症に

【連載10】相手の気持ち試したくて別の人と交際

【連載11】NHK朝ドラで女優復帰もヒロインの自覚ナシ

【連載12】朝から朝まで撮影「すずらん」は財産

【連載13】NHK朝ドラヒロインなのに奔放な恋愛遍歴

【連載14】遊女役で初の濡れ場!ヌードも不安ナシ

【連載15】レイプ、同性愛…タブー作品で攻めの芝居

【連載16】両立の限界感じ72日でスピード離婚

【連載17】「ウソつかない」決意のウラに母の虚言癖

【連載18】女優業とバラエティー両立のために移籍

【最終回】ブログで同じ悩みに返信がライフワークに

ピックアップ