雪かきは正しい姿勢で!

2014年02月28日 21時00分

都心で雪かき

 関東甲信地方を中心に2週続けて観測史上記録的な豪雪に見舞われた。特に平年はそれほど大雪に見舞われない地域では、慣れない積雪のせいで、事故やケガなどさまざまなトラブルが勃発。まだ今シーズンは大雪が降る可能性もあり、積雪への対策や心構えが必要だ。今後に備えて雪かきや雪道の歩き方のコツ、用意しておくと便利なグッズなど、“雪対策特集”をお届けする。

【知っておきたい雪対策(1):雪かきのコツ】雪は大して重くないでしょ!?と高をくくっていると、本当に痛い目に遭うかもしれない。実際、今回の大雪では普段雪かきに慣れない人が急に雪かきをして、腰を痛めたケースは多かった。関東以南で降る雪は、地上の気温が高いため湿雪になることが多く、北海道や東北の寒冷地で降る乾雪と比べると、密度が10倍以上になることもあり、雪かきの負担は大きくなるのだ。

 では、どのように雪かきをするべきなのか? 札幌を拠点に積雪寒冷地における冬の安全・安心・快適な暮らし作りを提言するウインターライフ推進協議会に話を聞いた。

「まず、最初に知ってほしいのは、腕の力だけに頼った雪かきは体を壊す原因になるということ。体全体を使った方が効率的です。そのためにまず、力士が四股を踏むように腰を低く落として背筋をピンと伸ばし、体全体を使って雪をすくうようにします。前かがみ姿勢で行うと、背骨にかかる荷重に偏りが生じて、ヘルニアを発症する危険性が高まります。また、一度に一気に雪をすくわず、余裕をもって持ち上げられる程度に小分けにして行うことも重要です」

 雪かきは思っている以上に重労働だ。正しい姿勢で雪かきを行わなければ、思わぬ腰痛を発症する可能性があるので注意したい。