これが元祖だ「きつねうどん」「カツ丼」「エビフライ」「とんこつラーメン」

2014年01月29日 07時10分

<これぞ元祖発祥店>昨年、世界無形文化遺産に登録されたばかりの和食。外国人にはすし、天ぷら、そばといったところが注目されているが、ラーメンのように海外発の料理が日本で独自の進化を遂げたものも数多い。今ではあちこちで見られるあの定番メニューはどこで生まれたのか。現存する“発祥店”を取材した専門家に、誕生秘話を明かしてもらった。記事を参考に“元祖巡り”をしてみるのも面白いかも。

「メニュー発祥店を数多く取材していたら、ある共通点があることに気付いたんです。まずは店主の人柄が良いこと。それから、同じ料理を出す同業者に比べて、とにかく優しい味がするんです」

 こう話すのは、「あのメニューが生まれた店」(平凡社)の著者、菊地武顕氏(51)。日本で誕生したと思われる料理約150種のリストを作り、調査し、70種類ほどの発祥店を訪れたという。

「実は発祥がわかる店というのは少ないんですよ。そして発祥がわかったとしても、そのお店が現存しているとなるとさらに数が少なくなる。たとえば、マヨネーズとジャガイモで作るポテトサラダは日本で生まれた料理のはずなのにルーツが不明。焼きそばパン発祥の店は突き止めましたが、前の年につぶれていました」

 洋食店でも居酒屋でもたまらない存在感を放つポテトサラダが日本発だったとは意外過ぎるが、仰天のエピソードはこれだけではない。今回は、全国どこでも食べられるあのメニューのルーツをいくつか、具体的に解説してもらおう。

 

次のページ:「きつねうどん」>

ピックアップ