【長谷川豊アナ連載10】忘れられない菊間さんとのデート

2013年10月04日 08時00分

惜別旅行ではノリノリだった菊間さん
惜別旅行ではノリノリだった菊間さん

長谷川豊アナ連載「すべてお話ししますがなにか?」

【元フジテレビアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」(連載10)】

 

 最高の夜でした。

 

 2007年12月。退社が決まっていた当時アナウンサー菊間千乃さん(41)のために、1泊2日の惜別旅行を開催。「とくダネ!」メンバー含め計7人で、神奈川・箱根にある温泉宿へ行きました。

 

  夜は、温泉宿内にある簡易カラオケセットでどんちゃん騒ぎ。場を盛り上げてくれたのは大村正樹リポーター(46)で、シャウトしまくってみんなを笑わせたんです。7人で肩を組んだり、ジャンプしたりで、「お前たちは学生か!」ってツッコみたくなるくらいのバカ騒ぎでした。

 

 菊間さんは、山口百恵さん(54)とか、わりと古い曲を選曲。歌もうまかったですね。僕は「スピッツ」の「空も飛べるはず」を熱唱!のつもりが、音程が高くてみんながフォローしてくれました。

 

  菊間さんのリクエストを受け、僕の妻が作ってくれたからし入りシュークリームも大活躍します。要はロシアンルーレット。ババ抜きして負けた人が、21個の シュークリームから1つ選びます。21個のうち、7個がからし入り。つまり、ババ抜きで負けても3分の2の確率でおいしいシュークリームが食べられるけど、残り3分の1の確率で悶絶もののからし入りに当たります。

 

 そのからさと言ったらハンパない。妻は7個のからし入りシュークリームを作るのに、1本のからしチューブを全部使い切ったんですから。それくらい大量にからしが注入されました。

 

 からし入りを食べたのは僕と菊間さん、大村さんがそれぞれ2個でトップ。後輩アナの田中大貴(33)が1個でした。食べた人はみんな絶叫! 人生で最も集中し、白熱したババ抜きでしたね。

 

 涙を流して別れを惜しむ会は、笑顔のステキな菊間さんには合わない。当の本人も「みんなありがとう!」と喜んでくれました。気づけば、朝4時を回るほど、大盛り上がりでした。

 

 7人での温泉旅行の後、忘れられない思い出があります。菊間さんと2人っきりで極秘デートして、思いを“告白”したんです。07年12月末でした。

 

「菊間さん、最後に1回デートしてくれませんか?」。そう頼み込む僕に菊間さんはニッコリ。「そういや、前からそんなこと言ってくれてたね。いいよ」

ピックアップ