【長谷川豊アナ連載8】不仲説流れた小倉智昭さんと中野美奈子アナとの本当の関係

2013年10月02日 08時00分

小倉(顔写真)との“不仲説”が伝えられた中野だったが…

長谷川豊アナ連載「すべてお話ししますがなにか?」

【元フジテレビアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」(連載8)】

 

「とくダネ!」で佐々木恭子アナウンサー(40)の後任を務めたのが、2002年入社の中野美奈子(33)です。慶応大時代にミス慶応に選ばれ、「めちゃくちゃかわいいのが入社してくる!」と評判でした。

 

 中野をこっそり見た1年先輩の高島彩(34)も「あの子はスゴいかわいい! 彼女の顔を見ながら何杯でもご飯を食べられる!」と大興奮。さすがにほめすぎだろうと笑って中野を見たら、ビックリ。かわいすぎる…。フジの歴代の女子アナでも、一番の美人。しかも、頭2つは抜けていました。

 

 ただ、中野本人に話を聞くと「そこそこオタクです」と笑い、根暗な写真オタクだったことが発覚。僕は“日本で一番美しいオタク”だと思っています。

 

 中野は09年から「とくダネ!」に起用されました。その後、メーン司会者・小倉智昭さん(66)との不仲説がささやかれるようになります。週刊誌やネット上で、小倉さんの中野に対する姿勢が「冷たい」「目を合わそうとしない」と。

 

 結論から言うと、不仲ではありません。お互い信頼し、仲良くやっていました。

 

 冷たく見えるのは、小倉さんの“照れ”だったんです。意外かもしれませんが、小倉さんはもともと恥ずかしがりや。特に、奇麗な女性にはオクテなところがあります。たとえるなら、小学生の男の子がクラスのアイドル的存在の女の子に冷たくするのと同じ。先述のように、中野は歴代ナンバーワン美人女子アナ。テレビでも美しく見えると思いますが、生で見ればもっと美しい。目が大きく、キラキラしていますから。だから、小倉さんの“照れ”が冷たい対応に映ったのだと思います。

 

 僕は中野にいきなりこう聞かれたことがありました。「小倉さんの誕生日会はどうしてるんですか?」「何もやっていないよ」「えっ、やりましょうよ!」

 

 そう言うと、1時間ほどで、誕生日会の店からプレゼントにケーキまで完璧に準備したんです。「お前、そういうのするタイプに見えないけど」「私、結構こういうの好きですよ」。聞けば「めざましテレビ」時代から、キャスター・大塚範一さん(64)の誕生日会を毎年セッティングしていたそうです。