【長谷川豊アナ連載6】八木さんからもらった金言を秋元アナに託したらまさかの返答

2013年09月30日 08時00分

 八木さんからいただいた色紙は、後輩アナの秋元優里(29)に渡しました。僕が米国・ニューヨークへ転勤する前の10年9月、秋元に「託すからな。俺が帰国したら返せよ」と。秋元は、人気を博していた滝川クリステル(35)の後任として「ニュースJAPAN」のキャスターに抜てきされ、苦しんでいました。八木さんの言葉は支えになると思ったんです。

 

 そしたら、秋元は後輩アナのなまた…失礼、生田竜聖(25)とデキ婚! 八木さんの金言は伝わっていなかったんじゃないかと思ったんです。だって、伝わっていたら、あんなことにならないでしょ! 思い返せば、秋元に色紙を託した時に「これ重たいんですけど…」と苦笑いしていたな。

 

 色紙もどこにあるか分かりません。今ごろ、秋元の赤ちゃんのベビーベッドの横にポンと置かれてあったりして。

 

 あれ、マジメな話だったはずが、やっぱり僕は毒づいてしまった…。

 

 冒頭でもお話しした通り、長谷川豊=「とくダネ!」だと思いますが、その番組で感銘を受けたのが、佐々木恭子アナ(40)。「(彼女のことは)化け物か!?」と思ったんです。

 

☆ はせがわ・ゆたか=1975年8月12日生まれ、奈良県出身。立命館大卒業後、99年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社。朝の情報番組「とくダ ネ!」などで活躍。2013年4月にフリーに転向。8月30日に著書「いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話」(小学館)を出版し た。