【党首討論】安倍VS小池の論戦のハズが…「あれれ?」な内容

2017年10月08日 17時00分

ネット党首討論で“一致”しまくりだった小池氏(左)と安倍氏

 衆院選を前に、与野党8党首が7日、インターネット番組の党首討論に出席した。

 解散後、8党首が顔を揃えるのは初。注目は自民党の安倍晋三総裁(63)と希望の党代表の小池百合子氏(65)の直接対決だったが…。

 結果は「あれれ?」な内容。自衛隊の存在を明記する憲法9条改正について、安倍氏は「自衛隊は被災地にも命がけで行っている。しかし、彼らの子供が読む小学校の教科書では自衛隊は憲法上、明文化されていない。子供にしてみれば『お父さんは認められていないの?』となる。それはあんまりではないか」と、情に訴える作戦に出た。

 これに小池氏も同調。「9条改正の議論は避けられない。自衛隊は国民的な意識の共有があってこそ意識が高まる」とした上で「私は第1次安倍内閣で防衛相を務めた。その点では自民党と考え方の違いはない」と言い切った。

 選挙後の大連立もにおわせる内容に、ネット上では「自民党との違いが分からない」という声が続出。

 対照的につるし上げられたのは共産党の志位和夫委員長(63)で、自衛隊そのものを「違憲」と主張すると、2人から「共産党が与党になったら、自衛隊はなくすのか?」「有事の際はどうするつもりなのか」と集中砲火を浴びた。

 安倍氏と小池氏の直接対決の大舌戦を期待したのに、フタを開ければ、仲良く共産党イビりに終始。取材陣にとっては、とんだ肩透かしだ。

 討論会後、志位氏は「自民と希望が同じということは分かった」。退場の際に安倍氏から「志位さんとの討論は楽しい」と肩を叩かれ「私も『正々堂々とやりましょう』と返した」ことをキリッとした表情で明かした。